遺伝や紫外線が原因で発生するほくろ【施術後のケアが大切】

クリニック選びのポイント

鏡を見る人

クリニックの選び方によって、ほくろ除去施術の仕上がりに満足できるかどうかが変わります。取り扱っている施術法やその実績、医師・スタッフの対応などを確認し、施術を受けるクリニックを探しましょう。カウンセリングで直接質問することもおすすめです。

More...

ほくろの状態に合った施術

カウンセリング

コンプレックスとなっているほくろは、施術で除去しましょう。現在では施術法も様々で、ほくろの状態に適した施術法を選択できるようになっています。それぞれの施術の特徴やメリットを理解し、どの施術を受けるか医師と相談して決めましょう。

More...

アフターケアが重要

医者

ほくろについて知ろう

遺伝や紫外線が原因で発生するほくろは、見た目が気にならないという場合は放置していても問題はありません。しかし、サイズが大きかったり数が多かったりすると、人に見られてしまうことを気にしてしまいコンプレックスにもなってしまうでしょう。また、人によってはほくろの部位が痛いという場合や数が増えて悪性のほくろではないか心配という人もいます。その場合、まずは皮膚科を受診して悪性のほくろではないか確認をしてもらいましょう。悪性のほくろではない場合は治療を受ける必要はないのですが、痛みが続く場合や悪性ではないと知っているけど悩み続けてしまうといった場合は除去治療を積極的に受けることで悩みを解消することが可能です。美容整形外科でもほくろの除去治療を受けることができ、一般的にはレーザー治療が行われています。レーザーの場合は肌を傷つける心配がない他にもダウンタイムもいらないので、誰でも手軽に受けることが可能です。ですが、中には外科手術を必要とする場合もあるでしょう。外科手術の場合も入院する必要はなく、短時間で終わるので忙しい方でも受けることはできますが、アフターケアがとても重要になってきます。外科手術の場合、傷口のケアが必要になるため日常生活ではテープを貼って保護しなくてはなりません。また、痒みを伴う場合は擦ったり、掻いたりすることで赤みや色素沈着を引き起こしてしまうので、せっかく除去してもうっすらと跡が残ってしまうことになるでしょう。また、ほくろを除去した後はその部分がかさぶたになるのですが、かさぶたを無理に剥がすのもしてはいけません。自然と剥がれるのを待つことで綺麗に跡を残すことなくほくろを除去することができるでしょう。ほくろ治療は簡単に行なうことができますが、アフターケアがしっかりされていないとトラブルが生じてしまうので、施術後は医師からアフターケアの方法についてしっかりと聞いておくようにしましょう。また、レーザー治療を受けた場合も紫外線ケアは欠かさず行いましょう。ほくろができる要因の一つに紫外線が挙げられるので、紫外線ケアを怠ってしまえばほくろは再度できてしまいますし、治療した箇所以外にもできてしまいます。そのため、日焼け止めクリームを塗る他にも日傘やサングラスといったアイテムを駆使してケアをすることが大切です。また、もし再発の心配がある場合は利用する美容整形外科で保証制度を設けているか確認をしておくと良いでしょう。万一施術した箇所にほくろが再発した場合は、無料で治療を受けることができるため費用を抑えつつ再度綺麗にしていくことができます。

ほくろ治療ができる場所

看護師

ほくろを除去してくれる場所はいくつかあり、選択の幅も広くなっているでしょう。そのため、自分が良いと思う方法を選ぶことが重要です。例えば、美容整形外科ならカウンセリングから施術、術後のことまで把握して治療してくれるので最後まで安心できます。

More...

手軽に受けられる施術

医師

ほくろはもぐさを使ったりクリームなどを使って自分で取り除くことが可能です。しかし、傷跡が残るなどの不安も多いので、専門医に診せることをおすすめします。美容整形クリニックや皮膚科は、液体窒素ややレーザーなどの専門的な治療を受けることが可能です。

More...