ほくろの状態に合った施術|遺伝や紫外線が原因で発生するほくろ【施術後のケアが大切】

遺伝や紫外線が原因で発生するほくろ【施術後のケアが大切】

ほくろの状態に合った施術

カウンセリング

それぞれの施術法の特徴を知ろう

美容整形は多くの施術がありますが、その中でも人気が高いのがほくろ除去の施術です。顔や目立つ場所にほくろがある場合、除去施術を受けたいと考える方が多いようです。ほくろ除去の施術にはいくつかの種類があります。それぞれ特徴やメリット等も違うので、それらを把握してから施術法を決めましょう。まずはくり抜き法と呼ばれる施術です。専用の器具を使ってほくろをくり抜き、縫い合わせます。その後止血や軟膏を塗ったりなどの処置を行い、終了です。この施術法は、ほくろの大きさが6mm以内の場合に行われます。そしてくり抜き法の最大のメリットは、再発する恐れがないことだと言えます。切除縫合法も、くり抜き法と同様に再発の可能性が低い施術です。こちらはメスを使用した施術で、ほくろを切除した後に縫い合わせます。6mm以上の大きなほくろに対して行われる施術で、根が深いほくろでもきれいに除去することができます。切除縫合の場合、施術後は抜糸や経過観察のために再来院する必要があるということも知っておきましょう。そして、最近人気の施術がレーザーを使った治療です。レーザー治療のメリットは、施術時間が短いというところが挙げられます。そのため身体への負担も少なく、痛みもあまり感じない施術法です。レーザーの種類も豊富で、それぞれほくろの大きさや盛り上がっているかどうかという違いによって使い分けられています。レーザー治療の場合、一度で施術が完了しない場合があるので注意しましょう。数回通う必要があるかどうか、カウンセリング時に医師に確認しておくと安心です。最後に紹介するのは、液体窒素による除去施術です。凍結法になるため、盛り上がっているほくろや根が深くないほくろを除去するためによく選ばれる治療法です。マイナス196度の液体窒素を使うため、少しの痛みを感じることがありますが、耐えられる程度なので心配は不要です。これらの施術法は特徴もそうですが費用も様々なので、クリニックでは施術費用もきちんと聞いておきましょう。くり抜き法と切除縫合法には、保険が適用されることがほとんどです。美容目的ではない施術がほとんどなので、保険が適用されます。美容目的の施術かどうかで変わってきますので、きちんと確認しておきましょう。また、ほくろの状態によっては希望する施術が受けられない可能性もあります。素人の判断ではわからないため、医師に診てもらい、自分に合った施術法を選ぶようにしましょう。そうすることによって、今までコンプレックスだったほくろがきれいに除去され、自分に自信が持てるような施術が実現するでしょう。