遺伝や紫外線が原因で発生するほくろ【施術後のケアが大切】

ほくろ治療ができる場所

看護師

美容整形外科を選ぶ人が多い

ほくろを治療をしたいと考えながらも、その除去に踏み切れない人は少なくありません。その理由は、ほくろがコンプレックスになるのは顔の目立つところに出来ていることが多いからです。もしも治療をして、傷跡が残ってしまったら、ほくろ以外にも更にコンプレックスを抱えなくてはいけなくなります。また大きなものの場合は、それが完全に取りきれるのかという不安もあるでしょう。それを考えると、ほくろ除去に踏み切れず、ずっとコンプレックスを抱えたまま生活をする人も少なくありません。しかし、実際にほくろ除去をしようと思った時には、その治療方法は一つではありません。液体窒素、メスやレーザーなど様々な方法があるのです。それは診療してくれる科によっても使用する機械が異なります。例えば、皮膚科は保険診療であることが基本なために、まずほくろが悪性かどうかを見分け、治療が必要と判断すれば除去を行います。皮膚科では診断、治療をすることが目的であり、皮膚に痕が残るかどうかは二の次なので、液体窒素や切開という方法が選択されることもあります。もちろん顔などの場合は、なるべく痕が残らないように考慮されますが、それでも皮膚科に取り揃えられている機械などでは痕が残る可能性もあります。そして形成外科では、皮膚を整えるという意味もある診療科なので、保険診療と自費診療のどちらも選択でき、ほくろ除去をすることも可能です。ただし、美容的な側面を考慮してくれますが、それも専門とはいえないため、やはり痕が残ったりする可能性も考慮しておかなくてはいけません。以上のことから、美容整形外科でのほくろ除去の人気が高まってきているのです。美容整形外科では保険診療が適応されず、自費診療であることがほとんどです。ただし、これまでほくろ除去や美容整形を手掛けてきた専門医が診察、そしてそのほくろの状態を見て、それにあった方法で治療を行ってくれるので、安心して任せることができるのです。また、美容整形外科では、単に施術をするだけではありません。治療をした後にどんな影響があるのか。その人のコンプレックスをどれほど減らすことができるのか、ということを考えて治療を施します。そのため、あらかじめカウンセリングが入念に行なわれます。そこで、どのような治療方法で行うのがいいのかや、また施術後に痕が残る可能性があるのかどうかなどすべてを総合的に判断していくのです。美容整形外科では、自費診療となるので費用は掛かりますが、専門医のもとで安心して治療をうけることができるというメリットは大きいでしょう。