遺伝や紫外線が原因で発生するほくろ【施術後のケアが大切】

手軽に受けられる施術

医師

費用対効果をみて決める

盛り上がりの有無や色素の濃さなど、ほくろにはいくつか種類があります。平らな形状であれば放置していても問題ありませんが、膨らみのあるぷっくりとした丸い形状であれば注意が必要です。放置すれば日が経つほどに大きくなる可能性が高いので、発見次第すぐに治療を開始しましょう。もぐさやクリームを使った方法など、自宅でほくろを除去する方法もありますが、根が深かったり大きければ完全に取り除くことは難しいです。また、傷跡が残る可能性も高いので、特に顔などの目立つ場所にあるほくろは専門の美容整形クリニックや皮膚科で除去してもらいましょう。美容整形や病院というと第一に費用が心配となりますが、ほくろを治療する目的であれば健康保険が適用されます。膨らんだほくろなど、医師によって治療が必要だと判断されたものに関しては保険適用となるので、まずは皮膚科に相談してみましょう。液体凍結方法などの施術であれば、千円以内で除去できます。一方、美容を目的として施術を行う場合は、健康保険は適用されません。美容整形クリニックで行なわれているほくろ除去施術の大半は健康保険は適用されませんが、レーザーなどの美容効果の高い施術が五千円から一万円以内で受けられます。ほくろの大きさや根の深さで施術費用は異なりますが、決して支払いきれないような高額な治療費は請求されませんので、安心して治療を受けましょう。健康保険が適用される治療としては、液体窒素を使用した凍結法が有名です。マイナス196度の液体窒素を皮膚に押し付けることで、ほくろを焼き切るという方法で、イボやうおのめの除去にも用いられることが多いです。根が深いものには対応できませんが、膨らみのある根の浅いものであれば簡単に除去することが可能です。一方、見た目を改善するためにほくろを除去したいという人には、レーザー治療がおすすめです。根が深く膨らみのあるものは対応できませんが、浅く薄いものであればきれいに除去できるでしょう。ダウンタイムも少なく傷跡が残りにくいというのも嬉しいポイントですが、肌を美しくするという点を重視してくれるのも嬉しいポイントだといえます。顔などの目立つ場所にあるほくろは、レーザーで除去してもらいましょう。この方法では健康保険は適用されませんが、安ければ五千円程度で施術を受けることができるので、まずは美容整形クリニックのカウンセリングを受けましょう。見積もりを出してもらって、十分支払える額であるなら、美容整形クリニックを選択するといいでしょう。傷跡が残ると一生消えないものとなってしまうので、信頼できるクリニックに依頼することが大切です。